離婚

離婚の種類について

離婚には、大きく分けて4種類ございます。

  • 協議離婚
  • 調停離婚
  • 審判離婚
  • 裁判離婚

協議離婚とは

協議離婚とは・・・当事者(夫婦間)の合意があり、離婚届が出されれば成立します。離婚のなかで最も多いのがこちらの協議離婚になります。

調停離婚とは

調停離婚とは・・・夫婦のどちらか一方に離婚の意思があるのに相手に離婚に応じてもらえない場合は家庭裁判所に離婚調停の申立を行います。ただし、裁判のような強制力はない ので、最終的には夫婦の合意がなければ離婚は成立しません。
また子供がいる場合、親権者はどちらにするか、養育費はいくら払うか、慰謝料はどうするか・・・と いった問題が発生した場合に申立を行うことになります。

審判離婚とは

審判離婚とは・・・調停においても相手が離婚に応じず、調停が成立しないことがあります。しかし、夫婦双方の公平を考えたときに離婚した方がよいと判断されれば、家庭裁判所は調停委員の意見を聞いたうえで離婚を成立させることがあります。

裁判離婚とは

裁判離婚とは・・・上記のどの手段によっても離婚が成立しない場合には、家庭裁判所に離婚の訴えを提起し、離婚の判決を得る必要があります。しかし、調停を経ずして離婚の裁判を起こすことはできません。裁判になれば提起した側は原告、相手方は被告となります。

  • 配偶者が離婚に応じてくれない場合。
  • 話し合いでは離婚が成立しない場合。
  • 配偶者以外の者と性的関係を結んだ場合の慰謝料。
  • 一方が、暴行・虐待を受けている場合。
  • 性格の不一致、性的不能、宗教上の問題など、婚姻関係を継続することがこんな事由がある場合。
  • 子供の養育費や親権者について争いがある場合。

 新人法律事務員のブログ!

四季の風法律事務所

  • 所在地
    京都府京都市下京区堀川通四条下ル四条堀川町286 エクセレントビル3階
  • TEL 075-342-3633
    平日9:00から17:00

サイト内検索

Copyright (C) 四季の風法律事務所 All Rights Reserved.