ただいま勉強中!新人法律事務員のなるほど法律ブログ

2016.02.24

もうすぐ春ですね。

 2月も逃げるように去っていってしまい、来週からはもう3月ですね。

3月は別れの季節でもあります。

4月に出会いの季節もやってきます。

この春から京都で生活をされるという方も多いのではないでしょうか。

先日、京都地方法務局に行く用件があり、タクシーを拾いました。

私「京都地方法務局まで」

タ「はい・・・えっとそれはどちらに・・・」

私「荒神口ですね」

タ「すみません。最近京都に来たもので・・・」

私「そうですか。御所の東ですね。御所の近くまで行ってください。」

タクシーの運転手さんの方が京都のマチナカの地理に明るいと思っていただけに、それ以上どう説明しようかとわからなくなってしまいました。

普段自転車で路地を縫うように走ることが多いのですが、今何通りを走っているかなんて意識していないので、いざ道案内をしようと思っても、

(あのパン屋さんの角を左・・・あのカフェの前を通って・・・)というようにしか説明できないのです。

カーナビで地図を見ながら何とかたどりつくことが出来ました。

普段から意識して移動するようにしようかなと感じる出来事でした。

実際に、京都地方法務局は、京都市上京区荒神口通河原町東入上生洲町197に所在しています。

バスで《荒神口》で下車すれば歩いてすぐの距離だと思います。

京都地方裁判所から歩ける距離ですが、少し遠く感じるかもしれません。

私は京都地方法務局で供託金を納付したあと、京都地方裁判所に供託書の原本と写しを持参しなければならなかったので、そのまま歩いていきました。

河原町通り沿いにはおいしそうなパン屋さんやお菓子屋さん、ご飯屋さんが立ち並んでおり、仕事じゃないときにふらっと歩きたいなと思いました。

桜の季節がやってきたら、

京都地方裁判所外周の枝垂れ桜を楽しんでから、河原町通りを北上し、途中のパン屋さんでパンを買い、荒神口の交差点で右折。「ここが京都地方法務局か」と確認してからさらに東に進むと鴨川に出ます。そこで鴨川沿いの桜を楽しみながらパンを食べるなんていう過ごし方はいかがでしょうか。

一味違ったお花見が楽しめるかも知れません。

【四季の風法律事務所 事務員】

Copyright (C) 四季の風法律事務所 All Rights Reserved.