ただいま勉強中!新人法律事務員のなるほど法律ブログ

2014年05月

2014.05.22

今、どんなニュースが気になりますか?

すっかり月日が経過してしまい、5月も終わろうとしています。

梅雨前の爽やかな気候を楽しんでおられるでしょうか。

最近もテレビでいろんな事件が話題になっています。

この仕事をするまでは、テレビで読み上げられる罪名は、やたらと長い漢字の羅列で、

意味などよく分からないものも多くありました。

しかし今は、当職の弁護士が関わった事件の罪名をテレビで聞くと、

こういう事件だったのか。

と、より深い関心を持つようになりました。

この仕事をしていなければ、「覚せい剤」、「大麻」といった言葉を使うこともなければ、

文字にすることもなかったでしょう。

自分とは遠く離れた、交わることのない世界の話だと思っていたでしょう。

しかし、覚せい剤を使用したり、売買目的に所持している人がいることは事実であり、

当事務所でも、そういった事案を多く扱っています。

学生時代、「ダメ!絶対!!」とう標語とともに、薬物の恐ろしさを学びました。

はっきりとは覚えていなくても、そういった教育を受けた記憶はあるのではないでしょうか。

それが大人になって、ある程度年齢を重ねてから薬物に手を出す人は多いようです。

「覚せい剤取締法」

この法律は、覚せい剤の濫用による保健衛生上の危害を防止するため、覚せい剤および覚せい剤原料の輸入、輸出、所持、製造、譲渡、譲受および使用に関して必要な取締りを行うことを目的として、昭和26年6月30日に施行されました。【法律第一条より】

法律ができて64年。

64年間で状況はどう変わってきたのでしょうか。

少しでも考えるきっかけになれば幸いです。

【四季の風法律事務所 事務員】

Copyright (C) 四季の風法律事務所 All Rights Reserved.